posレジとタブレットで効果的な販売管理を

飲食店ではお客様の注文を受けてから料理を作り、食後に会計を行うのが一般的です。

そのため、従来の一般的な会計の方法では店員がお客様の注文を受けてその内容を記録し、会計時にはお客様がその伝票を持ってレジにて精算をする際にレジ係が伝票をみて打ち込み精算するという形となるため、打ち込みに時間が掛かりお客様を待たせてしまうという形が多い物でした。

また最近では携帯端末で注文を受け、店内にその情報を展開することでオーダーミスなどを防ぐシステムが導入されている店舗も増えていますが、posレジとの連動が難しくバーコードなどで連携している例も少なくありません。


この際にはお客様に印刷した伝票を渡し、精算時にはバーコードで読み取る為打ち込みの手間は減りますがお客様に伝票をレジまで運んでもらうという手間が残ることになります。
最近はposレジとタブレットで効果的なサービス向上を行う店舗が増えています。

タブレットは従来の携帯端末と異なり、直感的に操作できる点が大きなポイントです。

従来の携帯端末は操作が非常に難しく入力誤りを誘発することも多かったのですが、タブレットではその恐れが少なく、また操作が簡略化できるメリットも有ります。

OKWave情報をお探しですか。

さらにpos側と連動させることでタブレットのデータをposに転送し、精算業務や注文の追加や取り消しにも瞬時に対応します。

最高のPOSレジのシステムの情報サイトへお越しください。

その為、精算もスピーディになる上、売上管理も正確に迅速にできるとしてposレジとタブレットの組み合わせが注目を集めています。



関連リンク

居酒屋店のposレジの特徴とは

posレジはスーパーなどのお店が利用しているバーコード読み取り機能が付いているレジシステムで、お店の在庫品管理にも活用できると言った特徴を持ちます。商品に付いているバーコードを読み取る事で、レジスタッフが金額を入力すること無く会計処理が出来る、スーパーなどでは野菜などのようなバーコードが付いていない商品も取り扱っているため、レジ画面にあるタッチパネルを操作する事で会計処理が出来るなど、バーコードとタッチパネルの2つの機能を備えたposレジが採用されている事が多くあります。...

more

居酒屋でもposレジでのマーケティングが盛んです

posレジの機能を使えば、どのような年齢層のお客様がどのような商品を注文したかを情報として把握することができます。小売業だけでなく、居酒屋などの飲食店でもposレジによるマーケティングが盛んに行われています。...

more