POSレジのシステムのメリットデメリット

POSレジのシステムは多くの販売店で使用されており、現在の販売ビジネスにとっては無くてはならないものとなっています。



店内や複数の店舗のすべてのレジの売り上げを集中管理できることで、売れ筋商品や店舗ごとの売り上げ金額、客層などが分析できるため、販売戦略を適切に立案するための重要な情報を入手し蓄積することができます。


しかし、POSレジのシステムにはデメリットも有ります。第一に入力が複雑になることです。
レジは本来精算のためのもので、お客様から預かったお金とおつりを的確に清算し、その売り上げを管理するためのものですが、様々な機能を搭載したことで入力が複雑になり、その入力操作を行う為の操作する人の手間が増えてしまうことが大きな問題となることが有ります。

日本経済新聞のオススメ最新情報を幅広く集めたサイトです。

さらに、様々な情報を管理するためにネットワークを介してホストコンピューターと接続されており、通常はこのホストコンピューターとの連携により動作していますが、ホストコンピューターが停止してしまった場合や、接続しているネットワークが切断されてしまった場合にはレジとしての機能も動作できなくなることが有ります。その為、停電や災害が発生した際などのほかに、何かの要因でホストコンピューターがダウンした場合にはレジの機能が動作できなくなり、販売ができないことになってしまうことも多いのです。



POSレジのシステムを導入する場合にはこのようなデメリットも充分に認識し、これに対する対策も考慮しておくことが重要です。

関連リンク

POSレジのシステムの機能とは

POSレジは最近では小規模なスーパーマーケットでも利用されており、非常に良く目にするものですが、その機能はなかなか一般の人にはわからないものです。しかし、POSレジのシステムは非常に多くの情報を取り扱っており、小規模のスーパーマーケットであってもその売り上げ向上や集客に大きく貢献しているものとなっています。...

more

POSレジのシステムのメリットデメリット

POSレジのシステムは多くの販売店で使用されており、現在の販売ビジネスにとっては無くてはならないものとなっています。店内や複数の店舗のすべてのレジの売り上げを集中管理できることで、売れ筋商品や店舗ごとの売り上げ金額、客層などが分析できるため、販売戦略を適切に立案するための重要な情報を入手し蓄積することができます。...

more